2007年03月12日

急増の引越しトラブル対処法:国民生活セ

春の引越しシーズン突入と共に利用者、特に南関東の利用者の苦情が急増してます。苦情の約半分は南関東で発生してます。引越し件数が急増するために、引越し業者のほうも、迅速丁寧に手が回らないことが原因だと考えられています。

「荷物をなくされた」「新居の床を傷つけられた」「苦情を申し出たが誠実に対応してくれない」「高いキャンセル料」「ダンボール返送料」「事業者の見積もりミス」「約束の時間に来てくれず遅延」「広告と違って男性スタッフが作業をした」「お任せパックだったのに不親切」「荷物がつぶれた」などの苦情が増えてます。

インターネットで引越し業者を見つけた場合、連絡不十分で、積み残し荷物も発生しやすいです。利用者は契約書をよく読み、お互い納得いくまで連絡することが必要です。

また、値段だけで引越し業者を決めると、安物買いの銭失いにもなりやすいです。


国民生活センターは、このような引越しトラブルにどのように対応したら良いかの方法を、このほど公表しました。


posted by カズ at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 引越手続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Powered by Seesaa

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。