2010年05月15日

引越業者人気ランキング1位のサカイ引越の理由とは?

サカイ引越センター(大阪府堺市堺区石津北町56番地、TEL)は、関西の会社ですが、自社トラックで北海道から沖縄までの引越に対応。

すばやい対応と丁寧な応対による安心感で、全国の引越業者人気ランキング1位のようだ。

電話やメールで引越を相談すると、当日か翌日にはサカイ引越センターからコンタクトがあり、このすばやい対応が人気の秘密。

社員教育も行き届いているようで、熱心さと丁寧な応対。サカイ引越センターに決めていなくても、丁寧に応対してくれる。こうなると、お客のほうは引越し料金について、神経質にならないが、引越し料金は交渉しだいで柔軟なようだ。

サカイ引越センター


posted by カズ at 22:38| 引越サカイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

春の便利な引越手続き一覧とは?

3-4月は引越シーズンですが、Yahoo 不動産が、わかりやすく簡潔に引越手続きをまとめています。引越前に一読しておくと、引越時にバタバタしなくて済みます。

★引越し会社からは見積もりを取る 、、、引越し料金は、引越し会社ごとにまちまちです。ワンルームや1DKではあまり料金に差がありませんが、ファミリー世帯の引越しになるとかなり差がでます。そこでファミリー世帯の場合は、複数の会社から見積もりを取ることをお薦めします。また、3月、4月は予約がいっぱいなので、早めに予約を取りましょう。

★電気・ガス・水道の手続き

★電話の手続き

★住民票・印鑑登録の手続き

★運転免許証の手続き、、、引越し後に、所轄の警察署もしくは運転免許センターで、運転免許証の住所変更の手続きを行います。このとき持参するものは、運転免許証、印鑑、新住所を証明できるもの(新住所が記載されている住民票など)です。

★車庫証明の手続き、、、自動車の所有者が引越したときは、自宅から2キロメートルの範囲内に車庫を確保する必要があります(車庫法)。新しい車庫が確保できたら、所轄の警察署で車庫証明の手続きを行ってください。
なお、この手続きの際、新しい車庫の管理者が発行する「使用承諾書」が必要です。

★自動車の登録変更の手続き、、、引越しにより所轄の陸運支局が変わった場合には、新住所を管轄する陸運支局(または自動車検査登録事務所)で、自動車の登録変更の手続きを行ってください。このとき持参するものは、車庫証明(新住所での車庫証明)、車検証、新住所の住民票、印鑑、自動車税納税証明書です。

★郵便の手続き
posted by カズ at 13:55| 引越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月05日

賢い引越しのコツ:例・不要品はヤフオクへ出品を

春の引越しシーズン到来前に賢い引越のコツを知って、トラブルなしにスマートに引越しをしましょう。

トラブルなしにスマートに賢い引越をするためには、Yahoo 不動産の「引越しの知恵袋」が、なかなか役に立ちます。

★プロに学んだ荷造りのコツ、お掃除や修復のポイントを集めました。
1. 新旧の住まいを上手にお掃除、カンタン修復
2. 荷造りのコツ百科

★引っ越しにともなうさまざまな「困った」を解決!
1. 準備や後片付けの心配 4. クルマの移動
2. とにかく急! 5. 引っ越し先の住まい
3. ペットの心配 6. 引っ越し当日、引っ越し後

★引っ越しビギナーも安心。必要な手続きや手順をご紹介。
1. 引っ越し前日まで 3. 「心づけ」のポイント
2. 当日〜引っ越し後 4. かしこい引っ越しのポイント

★転居ハガキの文例とインターネットの活用をご紹介。
1. 初めての転居ハガキ
2. インターネットを活用

引越し費用を安くするには、引越しシーズンの春などを避けるようにすすめています。また、いかにもYahoo らしく、引越しで不要なものは捨てないで、ヤフーオークション に出品することもすすめています。

「引越しの知恵袋」


posted by カズ at 18:07| 引越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月20日

松本引越センターが民事再生法適用へ

引っ越し業の松本引越センターは、9/19に大阪地裁に民事再生法の適用を申請して受理された。

松本引越センターは大阪府四條畷市に本社があり、象印で有名で、6月期の売上高は65億円だったが、、、。
posted by カズ at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 引越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月20日

春の引越費用を半額にする方法:平日・日を数日ずらす

春の引越シーズンが近づいてきました。少しでも安く丁寧な扱いで引越をしたいのが、人情です。

そこで、数社の引越業者から見積もりを取り、サービスが同じ程度ならば安いほうの業者を選べば、数千円から数万円安くなります。

引越し業者が決まったら、引越が多い週末や月末を避け、平日を選んだり、引越日を数日ずらしたりすれば、さらに引越費用が半額になることも可能のようです。

また、引越業者に引越開始時間と引越終了時間をお任せすると、多少引越費用が安くなります。近距離で引越すなら、旧居と新居の地域に強い地元密着の業者を選ぶと安くなる可能性もあります。
posted by カズ at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 引越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Powered by Seesaa

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。